有志の大会について

近年増え続けてきた有志による大会。
公式大会のように、全国大会や世界大会等へのシード権はありませんが、どの大会も業界や地元エリアの活性化のために趣向を凝らしています。
 
そのエリアは非常に広く、北は北海道から、南は九州エリアまで広がっています。
今は世界大会も終了し、ちょうど国内公式大会のオフシーズンに入っていますので、本年に開催された、これから開催される主たる有志による大会をご紹介していこうと思います。
 

関東エリア:2016 44FESTIVAL(2016年3月)
主催:44FESTA
各エリアの練習会と協力し、エリアの活性化・練習会同士の交流を目的としています。
関東・関西で地区大会を行い、3月に湘南台にて全国大会を行いました。
>公式サイト
 

関東エリア:浜松ヨーヨーコンテスト(2016年5月)
主催:Shinya Muraki
ヨーヨー以外に地元の魅力である大道芸を交えた大会です。
他業界の様子等も伺うことが出来る非常にユニークな内容となっています。
>公式サイト
 

東北エリア:BREAKTHROW(2016年8月)
主催:PPM
東北エリアの主たる練習会が集まり、地元の活性化と交流を目的として開催されました。
競技要素より、交流を目的とした練習会対抗戦に重点が置かれた大会でした。
>公式サイト
 

中四国エリア:中四国ヨーヨーコンテスト(2016年9月)
主催:中四国ヨーヨーコンテスト運営委員会
中国・四国地方の競技ヨーヨーコミュニティの活性化を目的として開催されています。
>公式サイト
 

北海道エリア:EZONE(2016年)
主催:PROJECT EZONE
ヨーヨーだけにスポットを当てず、音楽やアートと融合させることで魅力を最大限に引き出すことをコンセプトにしています。
決勝会場がおしゃれなのも特徴的です。
>公式サイト
 

全国規模:JapanOpenYoYoChampionShip(JOYC)(2016年4月〜2016年11月)
主催:Takahiko Hasegawa、Kengo Kido、Hiroyuki Suzuki
今一番開催規模が大きい有志の大会です。
そのエリアは日本全国に及び、海外選手の参加も狙った国際大会を目指しています。
これから関東、関西、東北、北海道、そして全国大会の開催があります。
>公式サイト
 
 
オフシーズンも大会がたくさんあって選手の皆様も大変かと思いますが、どれもそれぞれ趣向が違う大会となっていますので、是非色々な大会に参加してみてください!