プロトスター

44FESTA Crewのはっしーです。
本日はyoyofactory社の人気プラスチック機種プロトスターをご紹介。
僕自身結構数を持っていて、お気に入りのヨーヨーの一つです。

 
最近はSpace Cadetのクリップビデオにも出演していたJohn Ando選手のシグネチャーモデルです。
 
2009年の世界大会でプロトタイプが登場しました。
現在では競技でも使えるような多くのプラスチック機種が登場していますが、それの代表的な機種となったのはこのプロトスターではないでしょうか。

重量は66.6gと少し重めです。
特徴的なのはボディ内側に装着された金属のリムウェイト。
このリムが回転力を上げてくれます。
ボディカラーによっては別の色があるのも魅力的ですね。
 
ローエッジな仕上がりになっており、ストリングスが極力ボディに触れないようにできています。

 
ベアリングは初めからセンタートラックベアリングを搭載しており、パッケージを開けてすぐにストレスのないプレイが可能となっています。
 
価格は他のプラスチック機種に比べて高めですが、現在でもそこらのフルメタルヨーヨーに引けを取らない性能を持っています。
重量違いのモデルにノーススターという機種がありますが、この機種が2010年の世界大会優勝という記録を残し、プラスチック機種のイメージを払拭しています。

 
高性能をお手軽に。そんな言葉が似合うヨーヨーに仕上がっているのではないでしょうか。
2016年現在でも生産が続けられており、その人気の様子が伺えます。
 
ちなみにプロトスターはカラーが豊富で、集めるのも楽しいヨーヨーです。
クラシックな赤や青はもちろん、グレーといった変わったカラーや、グロウ、不思議な感じで人気のオーロラーカラーもあります!
 
カバンに1個忍ばせておくのはいかがでしょうか!?
 
記事:HASSY